タグ

タグ:speedmaster25mmF0.95

sppeedmasterでバラの写真。。。

カテゴリ:

Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95

日曜日の午後は、enaさんにお昼寝してもらった後にもういちどバラ苑まで行ってきました。最近は子供の成長の記録重視でカメラを使ってきましたが、やはりD600よりもE-M5MarkIIが、持ち出しやすさや動画との併用のしやすさから優勢になってきました。そんななか少しデカくなっても動き回る子供たちのチャンスをGET!したいとの思いでE-M1MarkIIに交換。たしかに失敗は減って、撮る側としても満足感は感じていました。普通の被写体でもこれを感じたかったので、今回はspeedmaster 25mm F0.95がお供です。正味の被写界深度は大した事ないですけど、やはりF2(フルサイズ)程度になってくるとちょっと違う表現が出来そうですよね。


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95

E-M5MarkIIのときはちょうど良い大きさと感じてた25mm F0.95ですが、E-M1MarkIIだとレンズは明らかにコンパクトな感じです。バランスを考えた時には、オリンパスの25mmF1.2くらい、もう少しレンズがグラマラスでもいいかなとも思えるのですが、使い勝手は良好です。描画は、、、個人的には気に入っています。樽型の収差はあるし、周辺はF4くらいまではひどい状況なのですが、それでもフルサイズのMFレンズを愛用する方なら味を感じ取っていただける人もいて、割と許容ではないかと。。。重量と描画のバランス、、、なかなか深い感じで、個々人のOKラインは分かれるんじゃないかなと思っています。


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95

特に太陽を向こう側に入れた写真では、コントラストの低下や色の変化など、フィルムカメラユーザーには理解してもらえる味・・・を持っているんじゃないかなぁと思います。拡大表示やピーキングが発達したミラーレスにはMFレンズがやはり似合うと思います。α9が現在の最適解かもしれませんが、少なくとも、前衛的な考えがある人はE-M1MarkII、GH5、α9と登場してきて、レフ機ではないといけないという感情は微塵もなく払拭されんじゃないかと思います。


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95

とはいえ、ちょっと残念なシチュエーションもないわけではないです(E-M1MarkIIの場合、、、です)。ベルベットの布地をイメージするような質感のこのバラ、、、最後のアップの写真はヒドイ色飽和。。。ELVでもおかしかったのですが、実画像は大丈夫になってるかなと思っていたのですがダメでした。赤の濃いのはE-M1MarkIIはなんですかね。多くあらわれるシチュエーションではないと願ってますがこういう所は改善してほしいですね^_^;

第11回 東京蚤の市の写真。

カテゴリ:

Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

少し遅くなったけど、今回の東京蚤の市の写真たちです。お昼ご飯で鉄板は手紙舎さんの「ナポリタン」かな。今回は「ほほ肉のトマトソース」とのペアでしたので、1つずついただきました。その都度手作りなのでとっても時間かかっちゃうのですが、時間をずらすとかしてぜひぜひ^^ なお味です。


Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

久しぶりのよなよな。私は普段はキリンラガーな人なのですが、たまには他のビールも良いです^^ またオクトーバーフェスタとかで美味しいヴァイツェンを飲みたいですね。ま、高いし、これからの暑くなる時期は冷やしてキリリなビールの出番ですけどね。


Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

enaさんはまたもビー玉にくぎ付け。300円で取り放題。。。とのことで、先ほどのヴィンテージビー玉は買う必要あったのかなぁ???


Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M1MarkII MZD ED 14-150mm F4.0-5.6II


Olympus E-M1MarkII MZD ED 14-150mm F4.0-5.6II

会場は東京オーヴァル京王閣です。施設自体は結構古いんでしょうね。人のいないエリアを散策すると、廃墟とまではいいませんが、エージングのきいた味のある空間です。


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95


Olympus E-M1MarkII Zhong yi speedmaster 25mm F0.95

最後はspeedmaster 25mmをつけて会場をもう一回り。自転車なので持って帰れませんが、椅子欲しい方はここおすすめですよ。あとは給食用のバットとかも売っていたので、昔の小学校グッズはけっこう豊富です。アンティーク雑貨もいろいろとあります。今回はどこのブースかは忘れちゃいましたけど、シエッポさんもいました。

「うつくしい日々」蜷川実花さん個展を見てきました。

カテゴリ:

Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

まとまった雨の降った土曜日でしたが、原美術館で開催中の蜷川実花さんの個展「うつくしい日々」を見てきました。午後からだったのですが、女性を中心に大勢の方が個展を見に来ていました。実花さんの父(蜷川幸雄さん)の1周忌にあたるこの期間、まさにこの時に撮影されたと思われる写真が展示されていました。普段の色鮮やかな極彩色でははなく、時にハイキー、時にピントをあえてずらした写真で構成されていたようで、父の死が直面された日常と、直視しずらい感情など、色々と思いめぐらされる個展でした。


Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

原美術館の入り口には、蜷川実花さんの今回の作風ではない、いつもの色鮮やかな花が添えられていました。これまでの実花さんのイメージをかたどるかのように・・・


Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

こちらは、原美術館から庭園(?)を望んだ写真です。御覧の通りの雨の日でした。この日の蜷川実花さんの写真は、コントラストや彩度こそ、今までのみんなのイメージからははずれた落ち着いたものが多かったですけど、その一方で、フレアを利用した低コントラスト、ハイキーな仕上げの写真は多かったように思えます。花の写真も多かったですね。写実、、、ではなく印象を強く訴える方ですので、いつもと調子こそ違っていても、やはり蜷川実花さんの写真だと思いました。


Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

<
Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95


Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

今回の個展は写真撮影OKという、普通とは違った個展で、あらかじめ情報を得ていた方が多いのか、カメラを持って入場する方も多かったように思います(私もそうです)。もちろん、スマホで写真を撮る方も多かったです。模写はご本人の意思に反すると思ったので、私が一番印象に受けた3枚を切り取るような形で拝借いたしました。

(※こういう形の2次使用禁止でしたらご連絡ください。すぐに削除します)


Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

色々と複雑に思いが発生して、自分でも整理できない感じです^_^; 時間をたどると、結局、3週くらいして1時間半ほど滞在していたようですが、感慨深い時間を過ごさせてもらったともいます。

やはり、こういう機会は大切なものだと思いました。

BABYMETALとうちの子。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

平日は家庭の事情でなかなか見れないBABYMETALですが、土日はうちの子が好きなので何度も見ます。見ます・・・というよりも、お風呂で聴きますといったほうが正しいので映像がリンクせずちょっと残念なのだけど。イントロは適当に飛ばしちゃうことが多いんだけど、そのあとお風呂出るまでずっと聞いています。BABYMETALを聞きながら遊んでいるとお風呂の時間が1時間くらいたっていることもしばしば^_^; まあ、その間風呂の中ではしっかりと遊び相手させられていますけどね。

BABYMETAL LIVE AT TOKYO DOME

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

昨日届いていました。BABYMETAL LIVE AT TOKYO DOME。the ONEではないのでやっと入手しました。今日はRED NIGHTだけ見ました。WOWOWの放送は見ていたのですが、そこでカットされてた楽曲が一番の楽しみでした。国内初のシンコペ、ロンド、4の歌、良かったです。明日は、台風の中参加してきたBLACK NIGHT、、、みれるかなぁ~ 3年ぶりの披露だったNRNR(NO RAIN NO RAINBOW)が一番の楽しみだったりします。enaさんもNRNRは好きなんですよね。意味たぶんわかってないだろうけど「せつぼー さえもー ・・・ やーまないあめーが」と時々歌ってます。

ガソリン入れてきました。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

あ、、、似たような写真ですみません^_^;

昨日ですが、車検後初の給油してきました。ハロゲンに戻したフォグランプですが、、、暗いです^_^; HIDと比較するとファッションランプか・・・と思うくらい。ですが、色みがより濃くなったのと、霧の環境下ではきっとこちらの方がいいはずと思ってもう少し慣れてみます。その前に配光を見直さないといけないかも。。。ローダウンしているというのもあるんだけど、この位置にとりつけられているフォグは下向けると遠くまで届きません^_^;
カメラのお話的には・・・F0.95ですが、絞ってみました。たぶんF2.8くらい。たしか絞りは9枚羽根なので18本でてるはず。


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

で、今回の走行距離は101974.6kmでした。前回はこちらでしたので、区間距離は556.6km。給油は55.0Lだったので、、、

556.6km/55.0L=10.1km/L

あら、、、あまり良くないですね。いちご狩りやってますが、基本街乗りばかりだったのでやむなしなのかなぁ。。。次回は、GWになりそうですけど、ピレリのチンチュラートP1がどのような数値を残してくれるかちょっとだけ期待です。あまり伸びなかったら・・・心配になっちゃいます。

このページのトップヘ

見出し画像
×