カテゴリ

カテゴリ:CAMERA_Items

LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0 レビュー。

カテゴリ:

Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0

さて、1週間くらい(とはいっても、2,3日だけ)使ってみて、、、なんとなくわかってきたので写真でもってレビューでしていきます。1枚目の写真は、夕方に撮影したデミオ。中央は開放からキリッとしてるんだけどとても広い写真が撮れます。周辺減光もあるけど、F2.0だけあって意外と背景をぼかせるので楽しめそう。フルサイズ換算ではF4.0相当で、0.12mまで寄れますのでパンフォーカス専用専用ではなく、しっかりと拡大表示でフォーカスしてあげたいレンズですね。F4とかF5.6で適当にゾーンフォーカスを使うよりももっと意欲的に使いたいレンズだと感じました。


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0

撮れる写真はさすが15~16mm(私は3:2で使用していますので15mmというよりも16mmの方が近いと思います)。4枚目はほぼ正対するように撮影したのであまり超広角感はないですが、スミダノハナビの装飾花がこのくらいの大きさで写せます。意外と接写能力は高いです。


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0

次は夜景。オリンパスはミックス光のAWBが弱いものの、手ぶれ補正は1級品。5枚目は2秒のSSですがこのくらいは写せるみたいです。描画はたぶん、問題ないレベル。F2.0では光芒でませんが、絞りを絞るごとに変化していきますのでここでも表現の幅は持たせられそうです。


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0

フレア、ゴーストに関しては、意地悪をしなければ、普通の夜景には使えそう。視野のぎりぎり外などでは、放射状のゴーストでたり、強い光源の周りは環を描くようにゴースト出たりはします。


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0


Olympus E-M1 MarkII LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0

最後は車の写真。室内を広く写したり、、、とかで超広角はあったらいいなと思うのですが、こちらの用途は十分に果たしてくれそうです。レンズ小さいので、標準レンズにプラスワンの使い方はぴったりかも。。。

超広角レンズというのは、皆が幸せになる・・・というよりも、撮り手の自己満足感がとても強い描画になるのが常ですが、これだけ小型であれば、ちょっと遊び半分で使ってみても楽しめそうです。(私の購入の目的がこれでした^_^;)

LAOWA C-Dreamer 7.5mm F2.0 を購入しました。

カテゴリ:

Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

新しいレンズ、、、買っちゃいました。しかもChinaのMFレンズ^_^; メーカー名はAnhui ChangGeng Optical Technology(Venus Optics)。ブランド名がLAOWAというレンズです。レンズの名前はLAOWA C-Dreamer 7.5mm F2 でいいのかな。GM1に取り付けましたが、御覧の通りの超コンパクトレンズ。m4/3なので、フルサイズ換算で15mmF2(被写界深度はF4相当)の超広角カメラが完成です。


Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

外箱はこんな感じ。中国メーカーですがVenus Opticsは高性能、高価格路線のレンズを販売しているメーカーでなので、安っぽさはぜんぜんありません。老蛙の文字が、中国メーカであるのだというのを主張しますね。



Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO



Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

箱の中身はこんな感じ。真空パックされたレンズが緩衝材にすっぽり収まっています。中国での消費は期待してないのか、空輸対応のためだったらなかなか考えられたパッケージの仕方です。レンズは本体もフードも金属製でとてもコンパクト。パナライカの15mmといくらか似た感じの表面で質感は上々。距離指標や被写界深度メモリはプリントです。青色の化粧飾りは派手すぎずよいアクセントです。



Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

1枚目は前方からの写真にしましたが、上からのフォルムはこんな感じです。パナライカの15mmよりも一回り小さいと思っていただければイメージはつくかと思います。リファレンスになるかな? パナライカ25mmとspeedmaster25mmの装着画像はこちらです。さすがにフードをつけるとカメラの横よりも縦の方が長くなった25mmの2本ですが、LAOWAのこのレンズは縦、横がほぼ同じくらいのイメージですね。

 
ともに Olympus E-M1MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

今日はここまで。今週、会社の帰りに少しだけ写真撮ってきたので、次回はレビュー代わりのエントリーをしようと思います^^

ついに OM-D E-M1 Mark II を購入してしまいました。

カテゴリ:

Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

最近、カメラ関係の入れ替えを模索していて、GM1やパナライカの15mmを購入していたのですが、とうとう親玉^_^; E-M1MarkIIを購入してしまいました。とはいえこちらは中古品です。


Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

で、中古ですのでシャッター数だけ確認してみました。やり方はこれまでの機種と同じです。ただ、少しだけ書かれ方が変わっていますね。以前の機種は「R」だったと思うんですが、こちらは「MS」が一番上。多分シャッター回数でしょう、、、ということで結果は「000136」。おお、少ない。高速連射が売りの機種(18コマ/秒)なので10秒間連射したら180ショットは超えてしまうのですが、、、 ということで良い中古品だったようです。ちなみにやり方は、、、


0. 一度準備として普通に電源を入れて、MENUの「モニタ調整」へカーソルを置いておく。
  そして電源OFF。
1. 「MENU」ボタンを押しながら電源をONして「MENU」を離す。
2. も一度「NEMU」を押してメニュー画面を表示。「モニタ調整」になっていると思うので
  「→」を押し「OK」を押すと隠し画面へ移行する。
3. そのまま「INFO」「↑」「↓」「←」「→」「シャッター」と押すと新しいページが出てくる。
4. さらに「→」を押すとPAGE2となって、その中のRがシャッター回数。

 R : シャッタ回数
 S : ストロボ発光回数
 C : センサクリーニング回数
 U : ダストリダクション回数
 V : ライブビュー回数
 B : 手ぶれ補正回数

ちなみに、E-M1MarkIIでは一番上が「MS」になっていて、以前のものの「R」と同じくシャッター回数と思われる。



Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

ちなみにこちらがE-M5MarkIIの方のシャッター数。「021480」だそうです。2年ちょっと使用してたと覚えているのですが、思ったよりも枚数少なかったですね・・・


Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

とりあえず、2台のOM-Dで記念撮影を。写真はGM1で撮影していますが、夜に暗い部屋で撮影したのでちょっとガサガサな写真になっちゃいました。GM1のISO1600はこんなもんです^_^;

M.ZuikoDigital ED 12-40mm F2.8 PROをつけて持ってみましたが、グリップは良いもののやはりE-M5MarkIIコンビよりも重く感じますね。今年からは、E-M1MarkIIを標準にして、カフェ巡りはGM1で。ごくごくまれにD600登場というイメージでいます。

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015-K を購入しました。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4

10日ほど前でしょうか。新しいレンズを購入しました。・・・正確に言うと、下取りに出したレンズで相殺できているので交換しましたといったほうがあってるのかもしれませんね。新しくお迎えしたのはLEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015-K です。このレンズは30mm相当ですが、私はほとんどの場合3:2で使用しますので実質は31~32mmレンズでしょうか。28mmと35mmのど真ん中の単焦点レンズとなります。

GM1で写真を撮ってきました。

カテゴリ:

Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6

さて、今週から会社のお供として、GM1をカバンに潜ませて通勤しています。そのまま入れっぱなしも日もあるし、会社からの帰りに少しだけ写真を撮ったりする日もあるし・・・という感じですが、使い心地とGM1の特徴を探してゆかないといけませんね。1枚目の写真はダイヤモンド富士の写真。本当にタイミングが良かったです。ちょうど日暮れで、晴れてて、富士山が見える道で、GM1を持っていたということですね。
この写真は、jpegは露出オーバーだったのでRAW現像で少し硬調にして露出をマイナスに補正しました。ブログ用途では特に問題ないですね。


Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6


Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6

2枚目と3枚目は桜の写真。こちらもjpegはややあっさりしていたのでWBをすこしいじってピンクっぽさを出しています。


Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6

4枚目はメガーヌ、ルノースポール。かいばはとくにルノーびいきではないのですが、この車は良いですね^^ 後ろの座席が窮屈そうだけど、emiは家族用の車いらないんじゃない?と言っているので、最悪3人で移動出来て、普段は私のおもちゃにするにはなかなか良いと思っている車です。


Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6


Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6


Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6

スカイラインスポーツ。初めて見ました。1962年のデビューで、デザインはイタリアのデザイナー、ジョバンニ・ミケロッティだそうです。生産台数はおよそ60台だそうです。とても珍しいですね。C110型も良いデザインです^^


Panasonic DMC-GM1 Lumix G VARIO 12-32mm F3.5-5.6

広角端ですが、1/4秒ならなんとか止まるみたいですね。でも、12mmは歪曲が残ってるのね。ここは少し残念。

と、いうことで、個人的な感想としては、E-M5MarkIIと比較するといくらかモヤっとしているようにも思いますが、色はややおとなし目で忠実寄りな感じに思えました。高感度もISO800くらいまでなら何とか使えるかな・・・と思います。
このコンビはハマってしまいそうです。E-M5markII+何かのレンズよりも明らかに一回りは小さくて軽い。操作はややしずらいけど、物理FnをISO変更に、Aモードで運用すれば絞りと露出補正は後ろのダイヤルで行えるのがわかったので、現在はこの設定で頑張ってます。AFポイントは23点と1点を使い分けないとなかなかピントが思った場所に落とせないのでここはこまめに切り替える必要がありそうでした。12-32mmにフォーカスリングがないのはちょっと残念なところですね。MFで気楽に追い込めたらピント外れはもっと減らせられるんですけどね。

LUMIX DMC-GM1K(中古)を購入しました。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8

入れ替えたのは、PanasonicのLUMIX GM1でした。リリース当時から注目はしていたのですが、その当時はたしか、D7000とE-PL3のコンビで、ミラーレスをGM1に入れ替えるとどちらも手ぶれ補正なしになってしまうのであきらめた経緯がありました。その当時は12-32mmのレンズについても特に魅力を感じておらず、他のPanasonicの手ぶれ補正レンズも多くはなかったという事情もあります。


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

このカメラ、、、今でもm4/3最小でボディだけならコンデジと大して変わらないサイズです。なので、レンズは小さいものが似合います。例えば、Olympusの14-42mm(E-PL3がレッドだったのでちょうどシルバーを持ってたんですけど)を合わせてもなかなか良い感じだとは思っていたんですが、手ぶれ補正がなくなっちゃうのはやはり大きなデメリットだったんです。今回は、商品が届いてから下取り商品を発送できたので、この組み合わせで写真を1枚。。。やはりかなりいい感じかもしれないですね。


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

少し、置き位置がか変わっちゃいましたけど、撮影状態での比較はこんな感じ。さすがに12-32mmの方が小さいですけど、14-42mmもなかなか一体感ありますね。あと、レンズマウントの高さと、カメラの全高がぴったりなのも、今のGF9やGF7、ファインダー付きの兄弟機GM5と違っているところですね。本当に最小。12-32mmはこんなに小さいのに手ぶれ補正内臓ですので、この組み合わせを認めないわけにはいかないです。


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

こちらも、E-PL3を発送する前にちょっとだけ撮影。GM1+12-32mmの小ささが際立ちますね。個人的には新しいm4/3を買ったというよりは、新しいコンデジを買ったという気分です。でも、レンズ交換式なのでセンサー部のホコリに対してもむしろ強いということを期待しています。以前(大昔ですけど)使用していたCanonのS90はやはりゴミがセンサー前に混入してしまい実質上の使用を終えた経験があるので、レンズ交換式(センサークリーニング可能)というのはかなりの利点だと思っています。


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

GM1はデビューが2013年の終わりで、すでに3年半は過ぎてしまったモデルです。でも、GM1はデジタルカメラの世界においても、性能以外の部分で所有欲を満たしてくれそうなので今回入れ替えしました^_^; 実際は、つねに肌身離さずのコンセプトで使用しようかなと思ってます。12-32mmと35-100mmがともにパナソニックレンズで手ぶれ補正がついているので、このコンビで通勤や土日のお友にになってくれれば最高です。

このページのトップヘ

見出し画像
×