カテゴリ:

Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

まとまった雨の降った土曜日でしたが、原美術館で開催中の蜷川実花さんの個展「うつくしい日々」を見てきました。午後からだったのですが、女性を中心に大勢の方が個展を見に来ていました。実花さんの父(蜷川幸雄さん)の1周忌にあたるこの期間、まさにこの時に撮影されたと思われる写真が展示されていました。普段の色鮮やかな極彩色でははなく、時にハイキー、時にピントをあえてずらした写真で構成されていたようで、父の死が直面された日常と、直視しずらい感情など、色々と思いめぐらされる個展でした。


Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

原美術館の入り口には、蜷川実花さんの今回の作風ではない、いつもの色鮮やかな花が添えられていました。これまでの実花さんのイメージをかたどるかのように・・・


Panasonic DMC-GM1 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

こちらは、原美術館から庭園(?)を望んだ写真です。御覧の通りの雨の日でした。この日の蜷川実花さんの写真は、コントラストや彩度こそ、今までのみんなのイメージからははずれた落ち着いたものが多かったですけど、その一方で、フレアを利用した低コントラスト、ハイキーな仕上げの写真は多かったように思えます。花の写真も多かったですね。写実、、、ではなく印象を強く訴える方ですので、いつもと調子こそ違っていても、やはり蜷川実花さんの写真だと思いました。


Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

<
Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95


Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

今回の個展は写真撮影OKという、普通とは違った個展で、あらかじめ情報を得ていた方が多いのか、カメラを持って入場する方も多かったように思います(私もそうです)。もちろん、スマホで写真を撮る方も多かったです。模写はご本人の意思に反すると思ったので、私が一番印象に受けた3枚を切り取るような形で拝借いたしました。

(※こういう形の2次使用禁止でしたらご連絡ください。すぐに削除します)


Panasonic DMC-GM1 Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

色々と複雑に思いが発生して、自分でも整理できない感じです^_^; 時間をたどると、結局、3週くらいして1時間半ほど滞在していたようですが、感慨深い時間を過ごさせてもらったともいます。

やはり、こういう機会は大切なものだと思いました。