アーカイブ

December 2016

今年最後のオイル交換完了。

カテゴリ:

Apple iPhone6

さて、先週の金曜日に147のオイル交換してきました。年の瀬も差し迫ってて忙しい時に・・・って感じなのですが、前回交換から5000km走っているのを知ってるので滋賀&広島へ出発する前に確実に行いたかったことです。上の写真はそのも少し前にiPhoneで撮影してた写真です^_^; 今回のオイル交換時の距離は99441km。前回が今年の4月で94226kmです。5216kmですね。で、いつもひやひやのオイル残量。今回は2.5L程度でした。通常2.0LのTSは4.5Lなので-2.0L。警告灯まっしぐらな感じでぎりぎりな感じでした。しかしながら、アルファロメオの警告灯を頼りにしようと思っている自分自身がちょっと怖い^_^;

距離を走ったTSはオイルを消費します。以前は3~5000kmで1Lだったんですが、今回は1L/2500km程度と減りが早くなりました。オイルにじみの場所は特定してくれていて、ダダ漏れというような状態ではないと言われましたので、今後はこまめなチェック(目視チェック)をしようと思います。

あとは、来年3月の車検に向けて診てもらいましたが、フロントタイヤがスリップサインギリギリでもうダメでした。PS3は2012年3月に購入してたみたいです。距離は正確な履歴が残っていなかったけど、前後の文脈から見ると56000km程度みたいですので現在で5年弱経過の44000km走行ですね。こんな感じですのでまあまあかな。ホイールを変えずに3セット目を組むことになるとは思ってもみなかったです。次のタイヤ、ぼちぼち探さないとなぁ。

イッタラ、Sieppoさんが届きました。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

少し早いクリスマスプレゼントかな? Scope別注のシエッポ/Sieppoをお迎えしました。前から知っていたのですが、最終の第5弾、emiがアメジストの子が欲しいといい始め、、、1羽ではかわいそうと私がコバルトブルーを迎えた次第です。

1972~1978に生産されたシエッポ。当時のアンティークはおひとり様5万~人気色、クオリティ次第で10万オーバー。さすがに気軽にお迎えできるものではないですが、今回のscope別注は、各色1000羽の生産数確保でかなりお買い得になっています。まあ、アンティーク収集が好きな方だと「ショップ別注なんて・・・ぷんぷん」と思うかもしれませんが、使いまわすつもりの私としては「よくやった!!」と思っています。

早速、外に出してるんですが、バードの中では、とても小柄です。ですが、ちょっいっと置くにはとても良い大きさで色も良くなかなか満足度高いです。奥の赤は「アカフウキンチョウ/Scarlet Tanager 」こちらもリーズナブルな1羽でした。それでいて、赤のバードも光が当たったらとてもきれい。あとは群れをなすパフボールたち。

寒い冬、お家の中でほっこりと心和やかになるバード達でした。

東京ドーム初日+レッチリサポートアクト最終日。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

BABYMETALファンにとっては、ものすごい24時間になりました。。。完全に日をまたいでるじゃん・・・という野暮なツッコミはなしでお願いします。

昨晩は、WOWOWで「BABYMETAL WORLD TOUR 2016」最終東京ドームのの1日目、「RED NIGHT」が放送されました。さすがに、1カ月を通じて見たいチャンネルではないので、せせこましいようですが、15日間無料体験枠で楽しみました^^。 WOWOWさん、すみません。無料体験が終わった後も、いい番組立て続けに放送してくれたら加入しますので^_^; 「最新のBABYMETALが最高のBABYMETAL」、、、誰が言い始めたのか分かりませんが、ど真ん中ストライクな映像でした^^ 2日目の「BLACK NIGHT」しか参戦していないかいばとしては、シンコペーションとテイルズがやはり1日目の最大の興味だったので、テイルズは食い入るように見させてもらいました。新たな発見としては、ROR始まりがけっこうドラマ性持ってるとか、アモーレはウェンブリーと違いまた成長したねとか。もちろんテイルズは感動。。。

1. RoR
2. YAVA !
3. いいね!
4. アモーレ
5. GJ !
6. CMIYC
7. ギミチョコ !!
8. KARATE
9. ToTD
10. THE ONE



Apple iPhone6

で、映像見ながらiphoneで撮ってた写真はこれ、、、テイルズのピアノソロでのゆいもあの振り付け。
WOWOWさんのクレジットは残してますのでお許しを^^

で、本日未明の、「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」ライヴのオープニングアクト、最終日。なんか、ウェンブリーも東京ドームも後に置いていくようなインパクトのある最終日でした
まさかの、メタルゴッド、Judas Priestの「pain killer」と「Breaking The Law」を披露。完成度が高いかは別問題。どのくらい練習をしたかは知る由もないですけど、この曲が今後、SU-MATALで成熟をするならば、メタルゴッドは良いヴォーカリストを選んだということになるのかもしれませんね。

で、さらにRHCPチャド-METALから誕生日を祝福される・・・
オープニングアクトとしてもしっかりと場を温め、ベビメタ的にも大成功というべき結果を残し、RHCPのサポートアクトとして、破格・・・以上の扱いを受ける。。。ぎりぎりとはいえ、まだ10代ですよ。。。本当に世界から愛されるロックスターになって欲しいですね。

RHCPも、新しすぎる若者に最大級の賛辞。ベビメタちゃんはこれからどうなるんでしょう。自身の活動はまだ何も発表されていないですが、「メタリカ」の韓国公演でサポートアクト、その後は日本国内で「ガンズ・アンド・ローゼス」のサポート。。。休養は挟みそうですが、2017も楽しめそうですね。

保育園の発表会2016。

カテゴリ:

Apple iPhone6

本日は、保育園の発表会でした。昨年までは、1歳児クラス、2歳児クラスの第1部だったのですが、3歳児クラスの今年からは第2部(後半)で合唱や簡単な演劇などを披露しました。中身の写真は載せないほうが良いと思うので今日の写真はこれだけです。動画をメインで撮影していて、クラウド経由で同パパママ友と、うちのおじいちゃんおばあちゃんへ公開してます^_^;

感じたのは、、、皆で力を合わせて発表をやっている風に感じることができてきました。昨年までは私が~とか僕が~とか多かったため、ちょっとハプニングもありったのですが、今年はそつなく(悪い言い方するとちょっと物足りないくらい)皆がんばってました。そして、さらに上のクラスの子たちは、さらにレベルの高い演劇をしてて、「うちらの世代、来年大丈夫かなぁ~」と同級の親みんなで笑いながら話してました。

Alfaromeo147の近況。

カテゴリ:

Apple iphone6

もうしばらく前ですが、10万キロまでカウントダウンの99000km写真です。11年目が近づいてきましたので1万キロ/年からはかなりスローダウンしてしまいましたが、この年末年始で6ケタ目到達の予定です。まさか、ここまで長く維持するとは思ってなかったです。外装の状態や内装のベタベタ、浮き、ナビが古いなど不満がないでもないですが、ことemiena乗せての移動や買い物、広島への帰省、ノーブレーキともに、今では意のままに扱えるとても良い友となっています。


Apple iphone6

ここ最近もトラブルはなく過ごしていたのですが、先月、FIAT PICNICの次の日、軽井沢のお蕎麦屋さんPでドアパンチされちゃいました。わかりづらいですがその時の写真。プレスラインの頂点部が凹んでます。ちょうど、私が車のそばにいたのでそのまま警察を呼ばせました。相手さんは練馬ナンバーの「わ」ナンバー。ドアの開け閉め、もう少し注意してほしいですね。自信なければ車庫入れ前に下ろすとか、、、とほほです。

同じくFIAT PICNICにきてたトミーさんたちも蕎麦食べに来たのですが、スパイダーはドアが長いのでと離れたPへ駐車しに行ってました。こういう心構えって車の所有者じゃないと芽生えないことなんですよね。今はカーシェアリングもレンタカー利用も普及して使い方が変わってきましたが、レンタルした車の扱いや他人の車を傷付けることに関してはもう少し気を使って欲しいものですね。




C-HRが発売されたそうですね。

カテゴリ:

Nikon D600 Tamron Af 28-75mm F2.8 (A09)

なぜか大人気のSUV市場。マセラティも「レヴァンテ」をリリースし、アルファロメオも全幅2100mm超えの「ステルヴィオ」を発表しましたが、国内ではなかなか扱えない代物。レヴァンテは全幅こそ2000mm未満ですが全長5000mm超えですし^_^; 国内はと言うと、もう1サイズ(2サイズ?)コンパクトなものが望まれているようでホンダのヴェゼルがコンパクトSUVの王者らしいです。寸法的なサイズ感はハイトを除けば147に似てます。

アルファ147は4225×1730×1450。ホンダヴェゼルは4295×1770×1605(グレードによる)。コンパクトSUVは事実上Cセグなんですよね。ライバルがVWのゴルフでもなく、BMWの1シリーズでもないという、おいしい日本お得意のガラパゴス商売(外国車の方がやや高価とはいえ上のグレードでオプションつければ価格差もそんないないですよね)。なので、日産がJUKEで開拓して(2010年ころ)、ホンダがその座を奪って(2013年ころから?)、そこにトヨタが3年かけて仕掛けてきたという図式なんでしょうかね^^

これから私たちが街でいやというほど見る姿はこちらを参照です。1枚目の写真は2015年の東京モーターショーより。フロント周りはわりとキープしていますが、キーンルック丸出しの現車は、プレミアム感からすると今一つかもしれませんね。もともとキーンルック風ではあったんですが、これでは、結局はショルダーラインを少し高くしたカローラフィルダー(営業車でよく見るんでキーンルック=カローラフィルダーなんです^_^;)と一緒では?あと、後ろのガチャガチャ感が良くありません。もっとスッと絞ってクーペスタイルを維持すべきだったかと。そうすればテールレンズ類ももう30mmくらいは下へ下げれたと思うんですが。

TMSモデルでは、クーペ感を強くするためにフロントドア終了とともにウィンドウを絞っていたのですが、リリース品では窓の広さを増やしています。でも、これだけショルダーを上げられてさらに絞られては、後ろに乗る人は車窓からの景色なんて夢のまた夢ですね。それならば2×2にすれば世の車好きからは好かれるのでは。そのうち、コンバーチブルなんて発売すれば、王者の風格でも出てくるものです^_^;

イヴォーグコンパーチブルもどきをC-HRで日本メーカーは300万ちょっとで作りますよ・・・ともなれば少しは見直すんですが^_^;


Nikon D600 Tamron Af 28-75mm F2.8 (A09)

個人的にはコンパクトSUVはこちらを本命視してました。車高こそ高いですが、このエクステリアを薄く作った車。観音開き=後席はテンポラリであくまでもドライバーズ&パッセンジャーズカー。トヨタが先出ししたのでe-POWERを乗っけて後出ししましょう。AUDIあたりで活発化していますが、SUV+クーペを国産のどのメーカーが先取りするか、ちょっと楽しみだったりもします。(一方で、私はSUVのユーザーにはなかなかならないかなと思いますけど)


Nikon D600 Tamron Af 28-75mm F2.8 (A09)


Nikon D600 Tamron Af 28-75mm F2.8 (A09)


Nikon D600 Tamron Af 28-75mm F2.8 (A09)

ちなみに、2015東京モーターショーで展示されていた国産の車たちはこちら。すべてリリース済みですね。
実写と比べてどこが変わっているでしょうか?


Nikon D600 Tamron Af 28-75mm F2.8 (A09)

そして、たぶん、車好きがトヨタにもっとも求めているこの子はリリースされるんでしょうか?

久々、車ネタでした。しかも国産^_^;

このページのトップヘ

見出し画像
×