信楽の陶器市へ。GW6日目。

カテゴリ:

Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 18-55mmF3.5-5.6GII

前日5/3は九州から日の変わる0時頃帰宅してちょっと仮眠。そして5/4の3時半には滋賀へ向けて出発。。。
出発はしたものの眠かったので途中福山SAで30分ちょっと睡眠。空が明るくなるのを待って再スタートしました。
結局滋賀に到着したのは8時過ぎ。また3時間くらい寝て午後から信楽の陶器市に行ってきました。
こちらで私たちが行きたかった場所は、作家さんコーナー。信楽でも若手作家さん達が色々な器をテント市で紹介しています。


Nikon D7000 AF-S DX 35mmF1.8G

こちらは信楽で「ギンゲツ珈琲」をされている店主、伊藤コヅエさんのテント。
ギンゲツ珈琲へは2度ほど訪れたことあるんですが、まったりした空間とおいしいチーズケーキが好きです。
今回はお店の名前が入った豆皿(写真にうつってるお皿)を記念購入。また滋賀に戻ったときには伺わせていただきますね^^


Nikon D7000 AF-S DX 35mmF1.8G

もうひとつ購入したのは河原崎優子さんの器。黒、青、濃い緑、オレンジ。。。シンプルな彫り目の入ったカラフルでかわいい器。
そして軽いのも特徴。写真に写ったスープボウル・・・ではなく、冬に鍋のとり皿になるようにとやや深めのとり鉢を色違いで購入しました。
ここの器、通りかかるたびに写真撮らせてもらっていたので、あとでヨメがも一度テントに伺ったときに
「だんなさんにいっぱい写真とってもらって・・・」などと話しかけられたそうな。。。ハハハ^_^;


Nikon D7000 AF-S DX 35mmF1.8G


Nikon D7000 AF-S DX 35mmF1.8G


Nikon D7000 AF-S DX 35mmF1.8G

そして帰りは大小屋さんでデミタスカップに入ったアイスクリームを購入。
デミタスカップはお持ち帰りできます。普通に店頭で販売している価格よりも安かったのでB級品だったのかな??
このシリーズはビールグラスを持っています。内側もざらざらしているのでビールの泡がきめ細かくたってとてもまろやかになります。
デミタスカップは・・・使用予定ないですけど、取っ手が可愛いのでつい購入してしまいました^_^;

Ai Nikkor 50mm f/1.2S のお話。

カテゴリ:

Olympus E-620 ZD50mmF2.0Macro

ちょうどよく見ているthink147さんのblogやtwitterでレンズのお話しがあったのでこちらでも。。。
私が持っているニコンの唯一のMF単焦点レンズです。F1.2ととても明るいのが特徴。
とはいえ、1970年代の設計なので開放からバッチリ写るのではなく、ベールがかかったような柔らかい、もやっとした写りです。
F2からキリっとし始めてF2.8からは今のレンズに近いにカリっとした印象。
昔のレンズは絞りの変化によって被写界深度だけでなく描画の傾向ががらっと変化するのでおもしろいです。


Olympus E-620 ZD50mmF2.0Macro

前からみるとコンパクト(装着してないけどフィルター径は52mm)なのに対して、後ろ側(マウント側)のレンズがこんなにもでっかい。。。
なんとなく「特別」な感じをかもし出してます^^ こういった大口径レンズはいわゆる所有欲を刺激するタイプのアイテムですね。


Olympus E-620 ZD50mmF2.0Macro

このページのトップヘ

見出し画像
×