今週末土日は家庭内PKO三昧。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII MZD ED 14-150mm F4.0-5.6II

 今週末は忙しく過ごしました。金曜日よりemiが泊まり出張だったので金曜日の夜、147を引き取ってからそのままenaさんをお迎えに。土曜日は保育園の卒園式で、enaさんのクラス(年少さんクラス)は希望参加だったので桑園式へ送り込み、その後は同じクラスの保育園仲間と夕方まで一緒に過ごしてました。カメラもってたので写真やミニ動画を撮影していたのですが、ここでは乗せられないのでenaさんの後ろ姿だけ^_^; こういうとき、載せる写真用にあえて個人特定がしずらい、載せても大丈夫そうな写真も撮っておけばよかったと後になって思いました。
1枚目の写真はなんとか選び出した写真です。お友達の手が切れなかった^_^; トリミングも考えたんだけどそのままで~


Olympus E-M5MarkII LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4

で、本日は寒くて雨降っていたので近くの街へお買い物に。enaさんと一緒にとあるデパートで実施されていたスタンプラリーとイースターバッグ(お家?)造りをしてました。その間、emiは優雅にお買い物。。。パパは大変です^_^;

PIRELLI Cinturato P1 215/45R17

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

今回の車検で履き替えた新しいタイヤです。ピレリのチンチュラート P1。一時はプレミアムコンフォートの最下級モデル、あるいはドラゴンの後継と言われていました。でも、昨年にドラゴンスポーツがリリースされたので、正式にグリーンパフォーマンスタイヤ(意味わかりずらい単語ですが・・・)のカテゴリーに落ち着いた感じでしょうか。ピレリのアジア圏をターゲットとしたエコタイヤってことですね^_^; 製造も中国ですし。


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

17インチのタイヤパターンはこんな感じです。あまり詳しくは調べていませんが、16インチ以下と17インチ以上でリブ数が違うようですね。17インチは5リブ、16インチ以下は4リブみたいです。あとXL規格なので空気圧は自然と高めが設定値になるみたいですね。

今回装着したタイヤの製造は4輪とも0217でした。(2017年02週)


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

装着後のイメージはこんな感じ。けっこう丸っこいです。XLで空気圧高いからかな、、、あまりつぶれていない感じです。人によっては求めていた外観と異なるかも^_^;

まあ、ピレリってP zero neroをつけたときに「丸い」と認識していたので私は気にしていません。


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

空気圧はお任せで入れてもらったままでまだ帰宅時に50kmしか走っていませんが、ぐだぐだと感想を書くとこんな感じです。

 ・ 少しぴょこぴょこ跳ねるかな。空気圧の調整したい。
 ・ 直進安定性はPS3よりも悪いっぽい。慣れてないだけか?
 ・ 発進時や通常速度時(~60kmくらい)の転がり抵抗はあきらかに小さくよく転がります。
 ・ ロードノイズは古いタイヤとの比較なので減ったけど舗装の悪いところではあまり静かではない。
 ・ ハンドルは低速時軽く、スピード出てくると重めになる。

 転がり抵抗に関しては、今までとアクセルの入れ加減が明らかに違っています。緩めないと追いつくし、セレの半クラ~全クラのタイミングあわせも今までとは異なります。
 あと、ハンドルの軽さですが、スピード出てくるとPS3と同じくらいの重さにはなります。高速時にハンドルが重くなるということは直進安定性という観点では良いはずですが、ハンドルの軽さが速度域でけっこう変わるのはちょっと違和感覚えます。
 急ハンドルの対応についてはまだ一皮すら向けていないのでアレですが、悪くはなさそう。ロールはPS3よりも少なそうに感じたので、空気圧のせいか、サイドがミシュランよりも硬めの設定なのかな? PS3よりはダルだと感じましたけどうちの車ではひらっと感は失われておらずアルファっぽさは残せてるかなぁと思ってます。

あとは、1000km程度走った後にどういう感想になるか、楽しみですね。

147、11年目の車検完了。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

本日、車検が完了したということで引き取りに行ってきました。お昼だというのに、新しいフォグランプの点灯写真が撮りたくて駐車場の中で無理やり撮影^^ 今回、HIDのイエローからハロゲンのイエローに戻しました。よりオレンジ味の強いイエローになりましたが、スモールが青く見えるのでいまいち合わない?ミスマッチになってしまったかも。。。スモールランプは白色のLEDなんだけど、ハイビームを色温度高いハロゲンバルブに変えているのでその青いカバーがハウジング内に回って青く見えちゃうという。。。もちろん、車検はこのままで通ってますので色は白色なんですよ^_^;

今回の整備内容はこんな感じでした。

 エンジンオイル交換 ペトロナス10W-40
 オイルエレメント交換
 ブレーキフルード交換 DOT4
 バッテリー交換 ACデルコLN2
 クーラントブースター
 タイヤ交換 ピレリP1チンチュラート 215/45R17
 右ドライブシャフトインナーブーツ交換
 ハブナット交換 46541344
 フロントブレーキパッド交換 DIXCELプレミアム 2511007
 フォグランプ交換 IPFイエローバルブH3

です。タイヤ交換は致し方ないとして、6年くらい使ってた外付けのHIDのフォグランプが壊れちゃったのでハロゲンへ戻したのと、インナーブーツ破れの交換が少々お金(工賃が)かかったところですかね。ブレーキパッドは9年目の車検でリアを、今回の車検でフロントをと、ほぼ10年もってくれました。あと、バッテリーも前回のボッシュが6年使えたりと私の147はわりと奇跡な個体です。11年目で走行距離は101,830kmで、前回車検から2年でおよそ15,000km。少し減ってきましたね~


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

さて、今回で3セット目のタイヤです。ついにエコタイヤを履いてみました^^

久しぶりに新宿へポタリング。

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

147を車検に出しちゃったのと、久しぶりに半日程度1人の自由時間をGET!!できたので都内をぐるりとポタってきました。お家を出発してまずは中野を目指します。今回は県道428を北東へ。千歳船橋で環八を横切りって・・・さらに進みます。京王線と井の頭線を横切って・・・


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

高円寺で終点なので、ここで環七を横切ります。ここまできたら中野はすぐ近所。某有名カメラ屋さんへちょっとだけ寄り道して、次は新宿方面へ。


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

途中、どこだったか忘れましたが懐かしい車がいました。CR-X デルソル。前の車がEJ-1(EG系のお顔のクーペ)だったのですが、そのころの車ですね。タイヤも空気圧下がっているようで、長らく動いていないのかな~といった状態でしたが、今見てもいいフォルムですね~。好きです。


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

そして、新宿へ到着。西新宿に2時間まで無料の駐輪場があるのでそこへおいてしばしウインドウショッピング。新しいショルダーバッグが欲しいなぁと探していたのですが、なかなか良いのは見つからず・・・ また出直そう。
お昼ご飯を食べた後にemienaへ連絡。向こうもお昼が終わって二子玉川へ移動するというので、帰りはそちらへ向けて。。。


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

途中、豪徳寺のユヌクレさん(パン屋さんです)でフォカッチャと総菜パンを購入して二子玉川方面へ。


Olympus E-M5MarkII Zhongyi speedmaster 25mm F0.95

二子玉川ではふたこ座が開かれていました。emienaも一回りしたみたいだけど今回特に買うものはなし^_^;
このあとOKストアでお肉を買って帰宅~ のコースでした。帰宅後にgoogleさんに距離を出してもらいましたが、この日の移動距離は約38km。まあゆっくり移動しているので特に疲労感もありません。

気分転換には良い土曜日でした。

いちごオフ2017(その3)

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

さて、3回目は、参加者の車たちということで、車の写真ばっかり載せていきます。とはいっても、すべての車は撮影できなかったようで、適当にどんどん貼っていく形式でお許しを^_^; 1枚目は新婚ホヤホヤのco-suke&sayaさんのGT。ゾエのスパイダーからの乗り換えです。147ファミリーへようこそ・・・かな。


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

co-suke君のパパママになるとら&ドーラさんの159。この後はあんこう食べに行ったらしいですよ。


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

3枚目は、nomiさんのMito。体は大きいのですがとってもプリティなアルファロメオをGET!!ですね。 でも、あの156もまだ見ていたかった気も少しだけあります。とはいえ、あたらしい相棒おめでとーです。


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

二三君のLHD916スパイダー。幌閉まっている写真を撮るほうがむつかしいかもしれない1台です。年式的にはかなり辛い領域かもしれないですけど、末永く。


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

いちごオフ2017(その2)

カテゴリ:

Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

さて、皆さんスカイベリー狩りを楽しんだ後は愛車と共に小一時間のツーリング。ここでも、皆で一緒に行動・・・は現実的に無理なので数台ごとに分かれて移動します。1枚目の写真はハリソンさんのエリーゼ。昨年はDS3カブリオでの参加だったのですが「これできちゃいました^^」とのこと。いいですよね。ハリソンさんおひとりで乗るというのは見たことなく、奥様も一緒です。理解ある奥様はうらやましい。


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8


Olympus E-M5MarkII Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

さて、グループは特に決まっているわけでもなく、適当に準備できた人から出発してそのまま移動というスタイルです。私の前は根崎さんGTでした。teamポンコツでは、co-suke君&sayaさんがアトランティックブルーのGTへ乗り換えたんですが、後ろの姿が個性的な1台です。ま、後方視界が・・・というお話はお二人としましたけど。


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO


Olympus E-M5MarkII MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

さて、毎年ながらですが、カフェブロッサムへ到着。薪が燃えてる暖炉を見ると今年もここへ来たなぁと実感します。ローストビーフはいつもながら良いお味です。写真、良く撮れたと思ってますのでぜひ、おおきなサイズのもみてください^_^; ノンアルコールのビールは瓶のもう少し違う銘柄を入れてくれるともっと良いかなぁ~(あえて要望書いておきます^_^; enaさんは、ローストビーフは「嚙み切れない~」とか言っていましたが、パンとサラダをオリーブオイルと塩でもりもりと食べていました。野菜食べてくれる子はきっといい子ですよね。

とこんな感じでいちごオフの時間は過ぎてゆきます。

このページのトップヘ

見出し画像
×